何年ぶり?

結局気がつかず、かけ直しても留守番電話のままでその後は音沙汰無しだったが、、、息子から電話がきた。動揺と嬉しさと心配が吹き出して、、そのあとは疲れて終わった一日だった。